Linux上のEclipseでproxyの設定

proxy環境下で使ってるeclipseですが、アップデートとかプラグインの導入の際にproxy設定が必要になります。
出先から自鯖をproxyにしててつまづいた…
ということで、そのやり方。

まず、

$(ECLIPSE_HOME)/eclipse.ini

というファイル(手元の環境では/usr/local/eclipse/eclipse.ini)を編集します。

次の文字列をこのファイルの最後に追記してください。

 -Dorg.eclipse.ecf.provider.filetransfer.excludeContributors=org.eclipse.ecf.provider.filetransfer.httpclient
 -Dhttp.proxyPort=(proxyport)
 -Dhttp.proxyHost=(proxyhost)
 -Dhttp.nonProxyHosts=localhost|127.0.0.1

proxyのホスト名とポートを正しく記述してください。

これだけでいいのかと思いきやどうもそうじゃないみたいです…

eclipseを起動して、
Window→preferences→general→Network Connectionsのところで、
Active ProviderをManualにして、
Proxy Entoriesの各項目をダブルクリックして必要事項を入れて、チェックも入れて、
Proxy bypassも適切に設定して、
それでApply→OK
これでおkです。

マンドクセ(‘A`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。