MATEデスクトップ環境のマルチディスプレイ設定

お魚の目にはDHAって物質がたくさん含まれてて,その神経細胞に与える影響のおかげで,魚の目を食べると頭良くなるとかって言うんだそうですね.
IQの不足を実感する今日この頃であります.

さて,Linux Mintのデスクトップ環境の一つであるMATEですが,マルチディスプレイにしたときのデスクトップ周りの設定があまりなかったのでメモ.

基本的にはさかな前線 » Xfceのマルチディスプレイ設定をXfceからMATEにした話です.

表示する位置関係の設定

2枚のディスプレイの物理的配置と論理的配置を整合させる設定.
[メニュー]→[設定]→[モニタの設定]をクリック.

で,表示されてるディスプレイをD&Dして適切に配置しなおして,適用.
ま,この設定はググれば普通にでてきてくれますw

20130125_monitor_setting

パネルの表示位置

パネル(下のバー)はデフォルトでは「0番目のディスプレイ」に表示されます.
ディスプレイの配置によっては「0番目として認識されたディスプレイ」が適切な位置にないことも普通にあるので,パネルをどのディスプレイに表示するか設定します.

[メニュー]→[システムツール]→[設定エディタ]から設定エディタを開き,下のスクショのように[apps]→[panel]→[toplevels]→[panel0]へと辿ります.
そこにあるmonitorの項目が,何番目のディスプレイにパネルを表示するかの設定なので,0から1や2など適切な番号に変えることで,意図した配置になります.

20130125_setting_editor

壁紙をディスプレイに応じて変えることはできないのか(´・ω・`)

MATEデスクトップ環境では調べた限りできないみたいですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。