ssh -Xでevinceが動かない場合の対処

ぶっちゃけるとわりと最近までそれほど魚食べるのは好きじゃなかったんですね.
でも魚キャラを2年かそこらくらいやってて,自分の中に変化が….
というわけでお魚食べたいです.お魚.

さて,sshのX転送は便利でよく使わしてもらってるんですが,アプリによっては特有のエラーで使えなかったり.

Ubuntu系ディストロにて標準で使えるevince(PDFのドキュメントビューア)もそんなアプリの一つで,ssh -Xで普通に実行すると次のようなエラーが出ます(ちゃんと環境変数設定してても).

% DISPLAY=localhost:10.0 evince hogehoge.pdf
(evince:xxxxx): EggSMClient-WARNING **: Failed to connect to the session manager: None of the authentication protocols specified are supported
                Cannot parse arguments: ディスプレイをオープンできません:

ぐぐると,日本語の情報はあんま見つかんなかったのですが,
My Meaningless Scribbles …: Evince would not start over SSH X-forwarding
で解決法が紹介されました.エラーメッセージだけでぐぐるとこれは見つからなかったですね.
これしてからsshで入った先で,

% sudo ln -s /etc/apparmor.d/usr.bin.evince /etc/apparmor.d/disable
% sudo /etc/init.d/apparmor restart

を実行すると,他のアプリと同様にX転送してくれるようになって(゚д゚)ウマーです.

おっと論文書いてることバレるぞ(違

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。