Linuxでの野良ビルドのOpenCVでカメラをちゃんと使うにはlibv4l-devが必要みたい

地元に鮎の美味しいお店があって,そこの背ごしはもうほんっとうに最高の絶品だったりします.行きたいなーあー…もう10年とかいうレベルで行ってないよ…

さて,Computer Vision Advent Calendarの担当日からすでに3時間遅刻していますがこれはその記事ではありません.
今,がんばって書いてるところです(←

手元のLinux環境でOpenCVを野良ビルドするとき,libv4l-devをインストールしてからでないと,cv::VideoCaptureが動かないみたいです.

$ sudo apt-get install libv4l-dev
 ...
 --   Video I/O:
 --     DC1394 1.x:                  NO
 --     DC1394 2.x:                  YES (ver 2.2.0)
 --     FFMPEG:                      YES
 --       codec:                     YES (ver 53.35.0)
 --       format:                    YES (ver 53.21.0)
 --       util:                      YES (ver 51.22.1)
 --       swscale:                   YES (ver 2.1.0)
 --       gentoo-style:              YES
 --     GStreamer:                   NO
 --     OpenNI:                      NO
 --     OpenNI PrimeSensor Modules:  NO
 --     PvAPI:                       NO
 --     GigEVisionSDK:               NO
 --     UniCap:                      NO
 --     UniCap ucil:                 NO
 --     V4L/V4L2:                    Using libv4l (ver 0.8.6)
 --     XIMEA:                       NO
 --     Xine:                        NO
 ...

ここでUsing libv4lとなってることが重要みたいです.

cv::VideoCaptureが無言でエラーだけ返すので困りましたがそういうことだったみたいです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。