標準入力の数値列から統計量(総和とか平均とか分散とか)を計算するコマンドaccを作った

問:カレントディレクトリより下の階層にある全ての.cppファイルの平均サイズをバイト単位で求めよ

解答例(こういうのあまり得意ではないのでヘンかもしれませんw許してくださいw):

% du -ab | grep "\.cpp\$" | grep -o "^[0-9]\+" | acc --mean -f "%.0f"

研究の仮のデータ集計とかにこういうUNIXライクな小さいプログラム,欲しかったけどありそうでなかったので書きました.
accコマンドと名付け,githubに公開しています.

https://github.com/sakanazensen/acc_command

入力は数値がずらずらとstdinにやってくればOK.double型の範囲を超えないように.
現時点では,総和,最小値,最大値,平均値,分散,中央値の出力ができるようになっています.
中ではboost::accumulatorに計算を丸なげしてるだけです.
よって,boost::accumulatorにない項目(最瀕値や標準偏差)には当面対応できません.
計算量等の問題についてはboost::accumulatorのマニュアルを参照してください.

当然無保証です.MITライセンスとします.
本記事コメントで対応はする考えはあります.pull requestがあれば反応するかもしれません.

実装に対するツッコミもあったら嬉しいかも.
あまり自分のコードを人に見せたことがなくてよくない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。